大学生が人生を考える

ひまな大学生が人生について考えます。

陰で努力するということ

僕は人前で努力をするということが苦手です。

 

人前で頑張る、頑張る姿を見せるということも好きではありません。

 

一方で、努力をアピールする人もいます。

 

それを評価する人もいる。

 

学校なんかはその代表例だと思います。

 

頑張っているアピールをすることは必要なことなのかもしれません。

 

学校や仕事で評価をされるためには結果が出なくても、

 

「あいつは頑張ってるから」

 

と思われることがいい方向にいくこともあると思います。

 

それでも僕はアピールすることが嫌いです。

 

今回はその理由についてお話したいと思います。

 

 

努力することは当たり前

何か目標を立てて、それを実現させたい。

 

そのためには様々なことをする必要があります。

 

それでないと目標は達成できない。

 

そう。努力は必須事項なのです。

 

努力しなければ、頑張らなければ目標は達成できません。

 

当たり前のことなのです。

 

当たり前のことをするだけなのに、それをアピールするのってどうなの?って思ってしまいます。

 

あくまで、努力するということは目標達成への過程です。

 

努力することが目的になってしまうような気がします。

 

それではダメですよね。

 

努力すること自体が褒められる

人前で努力をしたり、頑張っていることを話すと褒めてくれます。

 

褒められるのって嬉しいですよね。

 

「すごいなー。頑張ってるなぁ。」

 

こうやって言われることに僕は違和感を感じます。

 

努力はあくまで目標への過程であって、それは当たり前にされることです。

 

そこを褒められても何も嬉しくないです。

 

だから僕は人前で努力をすることが嫌いです。

 

どうせ褒めてくれるなら目標達成した時に褒めて欲しいです。

 

カッコつけたい

「俺まだ何も勉強してへんわぁ、やばいw」

 

そんなこと言ってるやつに限ってめっちゃ成績いいんですよね。

 

それに憧れてます。

 

なんかかっこいいですよね。

 

これ僕だけですかね。

 

いつの間にか結果を残している。

 

結果だけを報告したい。

 

「えっ、もうそんなとこまでやってたんか」

 

そうやって言われたいんです。

 

ひとよりリードしていたいんです。

 

だから僕は人前で頑張らない。

 

余裕がある方がかっこいい

頑張ってる姿って美しいんです。

 

やっぱりすごいって思うし、尊敬する。

 

人が頑張っていると刺激になる。

 

でもどこかがむしゃらで泥臭いと余裕がなくも見える。

 

僕は泥臭さに対するあこがれも持っています。

 

でも、余裕を持っておきたい。

 

余裕があるように見られたい。

 

適当にやってそうに見えて、実はやることやってる。

 

そんな不思議な存在になりたい。

 

憧れられたい。

 

だから僕は陰で努力をする。

人と同じを目指さない

「自分のオリジナルを作れ。」

 

これは僕の尊敬する人から言われた言葉です。

 

これ、めっちゃ難しいことだと思います。

 

でも、今世の中で活躍している人はみんなオリジナルを持っていると思います。

 

芸能人とかは特にそうだと思います。

 

他の人ができない、やっていないことをやってるから面白い。

 

魅力がある。

 

会社の社長とかもそうだと思います。

 

他に人がやっていなかったオリジナルを作ったから成功してるわけです。

 

真似しただけではある程度のところまでは行くかもしれませんが、どこかで立ち止まると思います。

 

やっぱりそれって難しいですよね。

 

今回は大学生の僕がオリジナルを作るための考え方についてお話します。

 

 

オンリーワンになる必要はない

どこかの歌の歌詞では「ナンバーワンにならなくてもいい」と言ってました。

 

僕はオンリーワンになる必要もないと思います。

 

そういえばあの歌は「もともと特別なオンリーワン」って言ってました。

 

本当にその通りだと思います。

 

でも、そう思えるのってすぐにできることではないと思います。

 

だからオンリーワンにもならなくていい。

 

埋もれててもいいじゃないか。

 

その中で少しだけ光っていればいい。

 

ゼロからオリジナルを作らなくてもいい

完全なオリジナルを作るってかっこいいですよね。

 

iPhoneとかゼロから作れるってすごいですよね。

 

でも、僕にはおそらくそれはできない。

 

だからゼロからは作らない。

 

というかできない。

 

ではどうやって自分のオリジナルを作るのか。

 

人のやり方をパクる。

 

それだけです。

 

もちろん、パクったらダメなものもあります。(著作権があるものとか)

 

それはパクりません。

 

パクったらダメです。

 

いいところ、真似できそうなことをパクる

人は人の完コピはできないと思います。

 

一度、完コピしようと頑張ったことがありましたが、無理でした。

 

ただしんどいだけ。

 

今はできそうなところだけ、いいところだけパクってます。

 

当然、その人と僕は性格や行動のタイプも違います。

 

全てを真似するのは無理です。

 

これをいろんな人のデータを集めてくっつければいいんです。

 

もはやそれはオリジナル。

 

今はネットもあるので、いろんな人の考え方に触れることができます。

 

あとは自分の性格と照らし合わせてできそうだったらやる。

 

ただそれだけです。

 

人と同じはしんどい

人と同じになる。

 

自分に合っていれば何も問題ないです。

 

でも、十人十色。

 

いろんな人がいる中で自分にぴったりあうものを見つけるのは難しい。

 

だからオリジナルを作る。

 

それが結果としてオンリーワンになり、ナンバーワンにつながるのだと思います。

 

別に目指さなくてもいい。

 

自分の思い通りになればそれでいい。

 

ただそれだけです。

面接落ちると自分が否定されたように感じるよね

22卒の就活もいよいよ本格化します。

 

もうすでに内々定もらってる人もいると思います。

 

僕もちょこちょこ面接を受けているのですが、当然全てうまくいくことはなく、落ちてるものもあります。

 

先日、受けた面接は落ちました。

 

面接自体今まであまり受けたことがなかったんですが、今回落ちたことも初めての経験となりました。

 

そこで今回は、面接に落ちた時の感想をお話します。

 

あと、落ちると落ち込む人も多いと思うので、乗り越え方のお話もします。

 

まだまだ就活も長いので、くよくよしてられないですよね。

 

 

お祈りメールが来た時

選考結果のお知らせメールが来たときは緊張しました。

 

というか、メール来るのが遅かったんですよね。

 

一週間くらいかかってました。

 

内々定まで3から4週間と聞いていたため、逆算すると遅いなと思っていました。

 

落ちるフラグだったのかなといまでは思います。

 

で、メール見ると、

 

「今回は採用を見送らせていただきます。」

 

と書いてました。

 

「うわー、あかんかったか」

 

ファーストインプレッションはそんな感じでした。

 

時間が経って冷静になってから

めっちゃ腹立ちました。

 

「なんで落ちてんねん、コラ」

 

そんなこと思ってました。

 

それだけ自信あったんですよね。

 

それと同時に、

 

「もったいないことしたな」

 

とおもいました。

 

これは僕がではなく御社がです。

 

御社は惜しい人材を逃したなと思いました。

 

めっちゃ上からですが、それくらいの勢いがないと就活はやってられないと思ってます。

 

今思ってること

全部落ちたわけではないので、ダメージは少ないです。

 

むしろ、いい経験ができたとさえ思っています。

 

何がダメで落とされたのかは分かりませんが、僕に魅力を感じなかったのであればそれは仕方ないです。

 

とっとと次に進みます。

 

全落ちした時のことを考えて、また企業探しから始めました。

 

でも、ここにきて何がしたいのか、何のために就活してるのかがわからなくなってきました。

 

あるあるみたいですけどね。

 

また頭を整理させて、いろんな人に相談して3月に向けて歩いていきたいと思います。

 

面接に落ちた時の僕の考え方

面接に落ちると落ち込みます。

 

自分をアピールしたのに今回は、、とか言われると自分を否定された気になります。

 

これ周りが決まりだすとめっちゃ焦るだろうなと思いました。

 

でも、いつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。

 

上でも少しお話しましたが、僕は謎の上から目線の考え方をします。

 

「あー、優秀な人間落としよったわ」

 

「まあ、合わへんだけやったか」

 

「将来僕を落としたことを後悔させたる」

 

こんなこと思って次に進みます。

 

もう御社のことは忘れる。

 

これが大事なのではないかと思います。

 

「後悔させてやる」

 

これが僕の次に進むための原動力になってます。

 

結局自分の人生です。

 

自分が他の場所で活躍できるならそれでいい。

 

他の場所で活躍して落としたことを御社に後悔させる。

 

同業他社であれば尚更それができるかもしれない。

 

こんなことを楽しみにして次に向けて頑張る。

 

ただそれだけです。

 

性格わるいですかね。

人に期待しすぎない

誰かに何かをお願いするとき、僕たちは少なからずその人に期待を寄せていると思います。

 

この人だったらやってくれる。

 

この人にお願いすれば何とかなる。

 

自分でやるよりもいいものを作ってくれる。

 

様々な思いがそこにはあると思います。

 

この人にお願いすると失敗するだろうなと思いながらお願いをする人はいないと思います。

 

そう思いながらもその人の成長のためにあえてお願いをするということもあるでしょうが、それはプラス思考があってこそだと思います。

 

マイナスイメージだけでお願いをすることはほぼないと思います。

 

でも、そんな期待を寄せている人も、時には裏切ってきます。

 

しかも、結構ハードに。

 

今回は僕が期待を裏切られたお話と、人に期待をするということについての僕の考え方をお話しします。

 

 

バイト仲間に期待を裏切られた

僕は今、アルバイト先でリーダーのポジションにいます。

 

リーダーともなると、いろんな人にお願いをする機会が多くあります。

 

やっておいてほしいこととか、新人教育のお願いをしたり、業務改善などたくさんやることがあります。

 

もちろん、全部自分でやれば早いし、楽なのですが、お店なのでそうもいきません。

 

まして、僕もバイトなので。

 

自分の店ではないので、人の協力が必要になってきます。

 

そんな中、やってほしいことがあった(その時は掃除とか教育とか)があったので、これを誰かに中心となってやってもらうようにお願いしようと思いました。

 

そこで、当時週5で同じ時間に入っていた同じアルバイトの人にお願いしようと思いました。

 

その人は店の開店からずっといる人でキャリアも長い。

 

しかもほぼ毎日シフトインしている。

 

適任だなと思っていました。

 

実際、僕も頼る部分は多くあったので、今回もお願いしようと思いました。

 

で、こうしたい。ああしたい。

 

だからこれをするようにお願いします。ということを伝えました。

 

だいぶ意識高く見えますが、ごく当たり前のことをお話ししただけです。

 

すると、そのひとからはかなり反論されました。

 

こっちも頑張っている。もう手いっぱいだ。

 

そんなにやりたいなら自分でやればいい。

 

そんなことを言われてしまいました。

 

ものすごく期待をして、この人ならできる。

 

そう思ってお願いしたのに。あれ?

 

人に期待しすぎていた

僕は自分で自分のことを意識高いと思ったことがないのですが、たぶん意識高い部類の人間に入るんだと思います。

 

それが僕の基準になっていた。

 

だから、それをそのままお願いしてしまったんですよね。

 

それがだめだった。

 

みんながみんな同じ熱量で働いているわけではありません。

 

特にバイトはそうだと思います。

 

僕は人に期待しすぎていました。

 

周りの、その人の熱量に合わせた期待をしないといけない。

 

自分をそのまま持ってきてはいけない。

 

そんなことを学びました。

 

リーダーは、上に立つ人間は、常に周りに合わせなければならない。

 

でも時には自分を持っていなければ前には進まない。

 

すごく奥が深いと思ったし、難しい立場なんだと実感しました。

 

今は人にほとんど期待してない

これがいいのか悪いのかはわかりません。

 

少なくともほとんど期待をもってお願いすることはありません。

 

できないだろうな。無理だろうな。と思いながらお願いをしています。

 

それでできたらすごい!ってなるし、できなくてもああやっぱり。

 

何か他のやり方を考えよう。こうなるだけです。

 

その方が楽なんですよね。

 

あと、人をほめることができる。

 

今までは当たり前だったのが、その期待レベルが下がってますから。

 

ありがとうございます。すごいですね。またお願いします。

 

これが言いやすい。

 

本当にそう思っているから感情もこもる。

 

よく感情がないといわれる僕からすれば一石二鳥どころではないくらいいいことづくめです。

 

だから僕は人に期待しない。期待しすぎません。

初めての最終選考面接を終えて

そういえば、今までちゃんとした面接というものを受けたことがありませんでした。

 

高校や大学の受験も筆記のみで受験をしていました。

 

受けたことがある面接はバイトの面接くらい。

 

22卒の就活を始めてから本格的な面接を受けるようになりました。

 

また、模擬面接などの対策も特にしていなかったので、ぶっつけ本番です。

 

現時点で面接は2回受けています。

 

すべてオンラインです。

 

今回は、ぶっつけで面接を受けてみた感想と最終面接についてお話しようと思います。

  

 

手応えはない

まずは、最終面接を受けた感想です。

 

全くと言っていいほど手応えがないです。

 

受けた数が少ないので、これが普通なのかどうかよくわかりません。

 

まあとにかく不安です。

 

終わってから不安になっても仕方がないのですが。

 

淡々と進む中に、少しフィードバックしていただいたという感じです。

 

あとは、転勤は大丈夫かとか、キャリア制度について理解しているかどうかについての確認をされたくらいです。

 

ごく普通の面接といえばそうなのかもしれません。

 

あと、めちゃくちゃ緊張しました。

 

緊張しすぎてちゃんと自分の思いが伝わっているのかどうかもよくわからないです。

 

本当に手応えがなく不安です。

 

1回目の面接

こちらは少し前ですが、かなり手応えありました。

 

自分の思いも伝えられたと思いました。

 

実際、翌日には次の選考のお知らせをいただきました。

 

まあ、面接官も違うので、雰囲気も変わるのは当然です。

 

しかも、最終面接は会社でも偉い人が出てきます。

 

最終面接が淡々としているのも普通なのかなと思います。

 

1回目の面接は穏やかな雰囲気で、面接官も若い方でした。

 

やっぱり冷静に考えるとこれで問題なかったのかなと思います。

 

終わったことを考えていても仕方がないので、こういうものだと割り切りたいと思います。

 

まだまだ面接は続く

就活はまだまだ始まったばかりです。

 

いや、世間的にはまだ始まってすらいない。

 

なので、もしこれがダメだったとしても、次に向けて頑張りたいと思います。

 

今月はまだもう1社の選考が残っているので、今回の反省点も踏まえて臨みたいと思います。

 

3月以降が本番なので、まだまだチャンスは残っていると思います。

 

面接対策をろくにしていないのにここまで来れたこと自体がすごいことだと思うので、まだまだ前を向いていきます。

 

また結果が出てから、感想をお話しようと思います。

 

あと、少し後悔していること。

 

大学のサポートセンター行っとけば良かった。

 

もっと企業研究しとけば良かった。

 

次に生かしていきます。

インターンは行くべきか

就活生の多くを悩ませるのがインターン

 

多くは3年生の夏くらいから始まります。

 

夏休みに参加する(した)人も多いのではないでしょうか。

 

夏から冬にかけて複数回行われることが多いと思います。

 

インターンと言っても、さまざまな形があります。

 

いわゆる就業体験と言って、実際に仕事をやってみること。

 

ワンデイで自己分析したり、グループワークで新規事業の立ち上げについて考えたり。

 

いろいろありますよね。

 

中にはインターン自体が選考過程に含まれていたり、一次選考が免除になったりといった特典もあったりします。

 

22卒のインターンはもう終わっているところも多いと思います。

 

今回は今後の就活生に向けて、22卒の僕のインターン体験記と、それを踏まえてインターンは参加した方がいいのか考えてみたのでお話しします。

 

 

3年生の夏休み

個人的な印象では、3年生の夏休みからインターンに参加する人が多いのではないかと思います。

 

実際、僕も夏休みにインターンに参加しようか迷っていました。

 

ですが、実際には参加はしませんでした。

 

というのも、夏休み時点ではあまり就活する気がなかったんですよね。

 

どこか他人事だと思っていたので、マイナビとかチラッと見ただけです。

 

あと、参加するのが怖かったというのが正直なところです。

 

先ほども述べたように、就活する気がなかったので、就活に関する知識が全然ありませんでした。

 

その状態で果たして参加して良いものなのだろうかという思いもあったので、夏休みはスルーすることにしました。

 

夏休みが明けてから

22卒の3年生は前期は全面オンラインだったという人も多かったと思います。

 

夏休み明けには対面授業が再開しました。

 

その時に、周りが就活モードになっていたのでかなり焦りました。

 

オンラインでは感じることができなかっった空気が対面になったことで一気に感じれるようになってしまいました。

 

そこで、秋インターンに参加しようと思ったんですが、僕は11月に実習を控えていました。

 

実習前はそっちに集中したいと思ったので、秋インターンもスルーしました。

 

12月に入ってから

実習も終わり、12月になってから時間ができるようになったので、ようやくインターンに参加し始めました。

 

この時はオンラインでのインターンが基本になっていました。

 

興味のある企業はリストアップしていたので、その中から2社インターンに参加しました。

 

と言っても、1社は1月になってからのインターンでした。

 

また、年明けからはインターン参加者限定の説明会にも参加しました。

 

インターン参加後

インターン参加後は参加者限定の説明会に招待されました。

 

それに参加しつつ、その後の選考に進んでいる段階なのが2月時点。

 

3月から情報解禁、エントリー開始と言われている中ではかなり早い段階で選考を受けているという状況です。

 

インターンは参加して良かった

正直、インターンがどんなものなのか理解してませんでした。

 

ですが、インターンに参加してからは、企業での仕事がイメージしやすくなりました。

 

また、今後のキャリアについても具体的にイメージすることができるようにもなりました。

 

あと、冬から始めても全く問題なかったと思っています。

 

むしろ、短期決戦になるので、集中力が続いたまま選考に進めるので、良かったと思っています。

 

さらに、今年はオンライン開催がメインでした。特に冬インターン

 

なので、地方在住の僕は気軽に参加することができました。

 

これ対面だったらまた違った結果になっていたと思います。

 

そもそもインターンに参加していたかも怪しい。

 

コロナ禍で不安視されることが多いですが、メリットも多いと感じました。

 

このメリットは生かさない手はないと思います。

 

予想外だったのは、早くから選考がスタートするということ。ESが免除になったこと。

 

これはインターン参加の大きなメリットだと感じました。

 

正直、早く選考が始まるとか都市伝説だと思ってました。

 

少なくとも参加してデメリットはないと思います。

 

ここまで参加して良かったと思っていますが、今後の選考結果次第ではこの考えは変わるかもしれません。

 

また結果が出たら改めてお話できればなと思います。

友達って必要なのだろうか

いつの時代も議論になる友達は必要なのか論争。

 

誰もが一度は考えたことがあると思います。

 

また、人間関係で悩んだ時にもふと「友達っているのか?」と思うことがある人も多いと思います。

 

ちなみに、僕は私立文系の大学生で、友達は多くはありません。

 

よく遊ぶ友達は二人くらい。

 

あとはキャンパスで出会った時に話すとか、授業の中でとか、同じ実習先に行った人とかその程度の関係の人がちょこちょこいるくらいです。

 

また、昔から友達は多くありませんでした。

 

高校時代に至っては、ゼロでした。(正確には高校時代に出会った人で今でも付き合いがある人が一人いますが)

 

今回はそんな僕が、友達について考えてみました。

 

 

友達がいるメリット

まずはメリットです。

 

一番は寂しくない。これに尽きると思います。

 

友達ゼロを経験している身からすると、友達がいて良かったと思うのは寂しくないと思えることが大きいと思います。

 

話せる人がいる、頼れる人がいる、相談できる人がいる。

 

こんなに幸せなことはないと心から思えます。

 

家族以外で自分のことをよく知ってくれている唯一の存在が友達だと思います。

 

時には客観的なアドバイスをくれたりもします。

 

自分が気づかなかった自分のことも話してくれます。

 

素の自分でいられる。

 

自分にない何かを満たしてくれるからこそ寂しいと思わなくなるのだと思います。

 

僕はこれ以外のメリットが思いつきません。

 

友達がいるデメリット

次に、友達がいることのデメリットです。

 

まずは時にめんどくさいと言うことです。

 

友達とは言っても、付き合いというものがあります。

 

それが面倒ならそれは友達とは言えないという人もいると思います。

 

ですが、所詮は他人です。

 

付き合いに参加せざるを得ないことだって当然あると思います。

 

持ちつ持たれつってやつです。

 

人と関係を作るということはそういうことなのではないでしょうか。

 

まあ、それが苦でないと思える人こそが真の友達なのかもしれませんが。

 

そこは僕は否定しません。

 

確かにそうだと思うからです。

 

でも、人と人ってそういうものだとも思います。

 

また、友達は時に時自分を傷つけます。

 

また、嫉妬も生みます。

 

何気ない一言で傷ついてしまったり、友達が成し遂げたことに対して羨ましいと思ってしまうこともあると思います。

 

友達と比べてしまいます。

 

友達がいなければそんなことはないはずです。

 

いちいち考え込んでしまう。比べてしまう。

 

そして落ち込む。

 

時間と精神をすり減らしていくだけなので、デメリットですよね。

 

友達がいないことのメリット

逆に、友達がいないことのメリットって何でしょうか。

 

やはり、自分の時間を大切にできるということが一番ではないでしょうか。

 

付き合いの時間もないため、好きなことを好きな時にできます。

 

予定を合わせるとか、そんな煩わしいことも必要ない。

 

また、比べる相手もいないので、やりたいことがマイペースにできるというのもメリットだと思います。

 

一人で始めて、一人で完結できる。

 

自分のペースを保てるというのは友達がいないからこそです。

 

友達がいないことのデメリット

友達のいないことのデメリットは、頼れる人がいないということが大きいと思います。

 

友達がいないと、頼れる人は家族だけです。

 

でも、家族だって時には衝突することがあると思います。

 

そんな時に、心の拠り所になってくれる人がいないのはしんどいです。

 

また、家族だからこそ話しづらいこともあると思います。

 

家族以外に話を聞いてくれる人がいないということは一人で抱え込んでしまうことになると思います。

 

頼れる人がいない、相談できる人がいないのは大きなデメリットであると思いいます。

 

結局友達はいたほうがいいのか

僕の結論は、いるに越したことはないが、いなくてもいいし、別に無理して作る必要もないということです。

 

これは恋人や、結婚に関しても同じことが言えると思います。

 

ちなみに、僕は少しだけ友達がいればそれでいいと思っています。

 

自分が居心地がいいと思える人、自分をわかってくれている人が一人いてくれればそれでいいと思っています。

 

僕は一人の時間が好きなので、一人でも苦にはなりません。

 

でも、友達と遊べばなんだかんだで楽しみます。

 

今はそんなバランスが取れているのでいい感じだと思っています。

 

ちなみに、今年のあけおめLINEは自分からは誰にも送りませんでした。

 

それでも送ってくれた人が3人もいました。

 

僕は多くの友達と付き合うよりも、この3人を大切にしたいと思います。